隠し芸と宴会芸、余興や出し物で盛り上がるネタとは?


「社会人としては、宴会芸の一つくらい何時でも何処でも出来ないといけない。」

管理人
特に体育会系とか、営業部署では、特に疑問もなく、その通りのことみたいです。
管理人
でも、「宴会芸」と聞いただけでも、拒否感と嫌悪感を感じる若者や新入職員も少なくないと思います。

皆さんは忘年会、新年会、歓迎会などではどんな芸を披露してますか?(^^)/

ひとつ、ネタを紹介しますね。「誰でも簡単にできる宴会一発芸」といいます。

やってる作者の「ドヤ顔」が妙に印象にのこりますけど・・。

数百円の費用がかかりますが、部屋にあるもので代用できる人もいるはずです。

練習は5分で終わります。

スポンサーリンク

宴会芸、かくし芸、一発芸では、ネタに悩む?

もう1個、絶対に受ける、それから半分ひんしゅくを買いますが、

決してへこたれず、やり続けることで、あなたの人間性が数パーセント評価されるだろう、

宴会芸(一発芸)を紹介します。

「宴会芸、飲み会用簡単、即席ネタ2015 一人ジャグリング 天井が低い部屋でも狭い所でもOK」というものです。

最初、これを見たときに「何が起こっているんだ?」と思いました。

次に「なんて、馬鹿な技だ!」と半分、感動を覚えたのを思い出します。

それでは、みなさん、視聴と練習の準備はいいでしょうか?

必要なものは、3個の「お手玉(新聞紙を丸めたもの等、何でもオーケー)」です。

そもそも、「宴会芸」って何なんでしょう?

一つの定義は「大の大人がやるには恥ずかしく、一つ二つ出来ないと人間性を疑われる、芸とは言えない悪ふざけ」って誰か言ってましたね。

そうそう、ある中堅社員さんが後輩の新人職員から相談をうけました。

宴会芸が出来ないんです」と、後輩から真顔で相談されました。

会社は職員の半分以上が体育会系出身で、飲み会では宴会芸でウケることが前提なんです。

自分は元来、目立ちたがり屋で、笑ってもらえたらラッキーってな性格なので、却って社風が合うんですが。

そんなに真面目に考えないで、羽目を外せばいいんだよ」なんていうアドバイスは全く通じなくて・・」とのことです。

ただ、これは「性格の問題」で単純に「合う、合わない」かもしれません。

世の中、宴会芸が大好き人間ばかりではないですから。

歌を歌うのが嫌いな人はカラオケには行かないでしょうし、カラオケが死ぬほど好きな人には理解できないことですね。

ところで、そういった「宴会芸嫌い社員さん」には、真面目な宴会芸というジャンルもありますよね。

例えば、手品、ギター弾き語り、落語の小話・・

こんなものも珍しいし、要するに宴会は全員が楽しむことに意味があるんだし。

こんな感じで、日本では宴会芸は新入社員なら誰でも強いられるものと思ったほうがいいです。

将来、「かくし芸ハラスメント」も問題になるでしょう。でも実際、どこの企業でも、普通にある事です。

ところで、宴会芸って、馬鹿にするようで、結構その人間の本性が出ますね。

営業なら、「人間の限界を広める=人間性を高める」みたいに考えて、「仕事の延長だから死ぬ気で・・」と言われたりするわけです。

ですから、宴会芸が上手に出来る人は、その場の笑いのニーズを的確に掴んで、笑いに結び付けるという高等心理パフォーマンスが出来るので、仕事も出来たり人気者であったりするんですね。

宴会芸、かくし芸で歌って踊れる簡単ネタはこれ?

具体的に、「会社の毎年の社員旅行で、部署ごとに隠し芸とか宴会芸するんだけど、おすすめのダンス系知りませんか?」って聞かれたことがあります。

その時には、下記の二つを勧めましたよ。

みんな知ってて、踊れたらかっこいい曲です。

①結婚式余興「親子で本能寺の変」

②「オリエンタルラジオのパーフェクトヒューマン」※ちょっと反骨ですけど。

「ネタがないんです。助けて!」という緊急の場合は、思い切って「アキラ100%」とか行ってみませんか?

完全に昔の自分とサヨナラですけど・・。責任はもてません”(-“”-)”

スポンサーリンク

最後に:カラオケもバカにできない?

宴会芸ではないんですが、上司を含めてカラオケに同行する機会も多いですね。

上の方も知ってる歌を「課長、この歌教えていただけませんか?」など、勧めると歌ってもらえることも多いです。

古い歌は名曲なので残ってるわけで、私は大好きです

さて、最後に、必殺の「カラオケで盛り上がる曲 新人歓迎会、二次会ですべらない曲」を紹介します。

大量の曲のリストですので、メモしたほうがよろしいと思います。

私も、メモして、いざというときのために、バッグに忍ばせております。これです。

管理人
それでは、宴会での成功、祈ってま~~す(^^♪
スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ