昆虫の折り紙工作まとめ多数!簡単リアルな立体の虫の手作り折り方作り方!


私が作ってみた、いろいろな昆虫の折り紙の折り方をまとめてみました。

  • 「よく空を飛ぶ昆虫」として・・・トンボ、スズメバチ、セミ、ホタルなど
  • 「水に住む生き物」として・・ザリガニなど
  • 「陸上の昆虫」として・・イモムシ、トノサマバッタ、カマキリ、鈴虫、立体バッタ、カブト虫、クワガタ、てんとう虫など

この他にも、どんどん追加して楽しい昆虫折り紙を紹介しますね。(;^ω^)

子供さんでも簡単に出来るものをチョイスしてあります(少しだけ難しいものもありますが)。!(^^)!

スポンサーリンク

よく空を飛ぶ昆虫の折り紙折り方

トンボの折り方です。

意外ですが、折り方としては「鶴」とほとんど同じなんです。

ですから、「鶴」を折ったことがあれば、問題なく折れます!

スズメバチを折ってみました。

・・・スズメバチと紹介してますが、「足長ハチ」でもなんでも、それなりの色を選べば問題なく作れますよ~。(;^ω^)

セミなんですが、とっても簡単です。

簡単すぎてビックリ!・・くらいなんですが、見た目はバッチリです。(^^)/

ホタルは、とってもカワイイです。

画像のように、お尻に「発光部分」をつければ、とても風情のある飾り物になってしまいます。

とってもおススメ!

水に住む生き物の折り紙折り方

ザリガニでも、ロブスターでもどっちにも見えます。

完成度の割には、簡単に出来ます。

自宅のテーブルの上に、卓上水族館を作るのもいいですね!

スポンサーリンク

陸上昆虫の折り紙折り方

立体カタツムリの折り方を3つ紹介しました。

二つは幼稚園・保育園さんも容易なこうさくです。

最後は少し難しいバージョンなので、子どもさんとお母さんと一緒に制作してね~!

イモムシです。

難しいポイントは「のけぞり具合」です。

つまり、お腹(背中)のカーブの付け方なんですが、画像で説明してありますのでご安心を!

トノサマバッタの折り方を紹介します。

下の「普通のバッタ」と少し違う作り方をしてみました。

とっても立体感があって、おススメです!

立体バッタです。

上の「トノサマバッタ」とちょっと違います。

お好きな方をお選びくださいね~!

カマキリの折り方は、他の昆虫と大分違いましたが、難しいわけではありません。

こんなのも一度作ってみるのも、「脳トレ」です!

鈴虫って折り紙でも人気なんです。

たくさんの方がサイトを見ていただいています。

鈴虫の特徴と言うと、上に広がった羽なんですが、確かに特殊な折り方ではあります。

どう特殊なのかは、是非体験してみてくださいね~。(^^♪

カブト虫は折り紙の必須アイテム!

海外の方と会った時に、サクッとカブトムシなんかを折って差し上げたら、「仰天」して尊敬されると思います!

クワガタも、カブトムシ同様に大人気の折り紙アイテムです。

やっぱり、両方作って飾るのがおススメです!

てんとう虫は、「何これ?」と驚くほどに簡単です。

ただ、折った後に背中に模様を描き入れるのが、悩みです。

絵心のある方には、全く問題ありませんが・・・(;^ω^)

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ