ペットボトルの自動車を手作り~ゴム動力の小学生夏休み自由研究工作に


管理人
夏休み工作用に、こんなペットボトルの車(自動車)を試作してみました。

動力は輪ゴム数個です。

材料が揃っていれば、ものの30分程度で作ることができました。

管理人
作成上の注意点とか、危険なところ?なども、記入してありますので、ぜひ読んで見てくださいね。

スポンサーリンク

夏休みの工作は何を作ればいいか

夏休みも終盤になりますと、子供さん本人ならずお父さんお母さんも、気になるのが夏休みの工作(自由研究宿題)です。

できれば、夏休みの最初からテーマを決めていて、計画的に進めることができていれば、全く問題はないですね。

ですが、心配はいりません。

今回の「輪ゴムペットボトル車」は、いま家にあるもので作成可能で、なかなか見栄えも良いものです。

管理人が、実際に作ってみての感想やら、注意点やらも書きますので、お子さんの作成感想を加えて提出すれば、及第点はもらえます。

現代は、小学校の宿題に10日とか20日も掛けていられるほど、悠長な時代ではないので、提出すればOKだと、私は考えています。

夏休み工作でペットボトル車を手作り、プロペラ制作

それでは、作成開始です。

準備するものは、500ml空きペットボトル二本、ペットボトルのキャップ四個、輪ゴム四本(とりあえず)、竹串二本、マジック、千枚通し、針金数センチ、ペンチ、ハサミ、接着剤です。

最初に最も大切な部分を作りましょう。プロペラです。

ペットボトルの首の部分をハサミで切断します。

切断しましたら、プロペラの羽8枚を作りますので、マジックで切断用の線を引いた後に、ハサミで切断します。

そして、羽をねじってクセを付けます。

癖のつけやすさは、ペットボトル製品の厚さなどによって違います。

もし、ねじりにくかったら、お湯につけてからねじり、直ぐに水に浸ければOKです。

透明なので、分かりにくいのですが、プロペラのように出来ました。

このプロペラの形や角度によって、車の進み具合が全く違うのですが、そんな点を自由研究のポイントにして、「プロペラの角度と進んだ距離の関係」とか、レポートを書けば、宿題工作の点数は高くなると思いますよ。

プロペラの蓋に穴を開けて、竹串を7~8ランチを差し入れ、接着剤で固定します。

竹串の先端から1センチの部分をカッターで削っておきます。あとでここに輪ゴムを固定しますが、取れにくくするためです。

スポンサーリンク

夏休み工作でペットボトル車を手作り、ゴム動力車両本体制作

続いて、本体車両を加工していきますね。ペットボトルの下部に穴を開けて、このように竹串を指します。

この時に、穴はユルユルにしておいてください。抵抗があると車が進んでくれませんので。

ペットボトルの蓋に穴を開けておきます。この穴は小さめに開けます。

竹串と蓋をセットします。接着剤で固定します。

作業しやすいように、車の上部を切り取ります。適当で構いません。

夏休み工作でペットボトル車を手作り、組み立て工程

車両本体のペットボトルの蓋を、このように加工して、輪ゴムを固定します。

輪ゴムの本数は適当で良いです(多い方がよく動きます)。

輪ゴムの本数についても、「輪ゴムの本数と、車両走行距離の比較」とかのテーマで、記録をとって、自由研究に載せれば、とても良い着眼点だと評価されると思いますよ。

プロペラは、本体ペットボトルの後部に穴を開けて、このようにゴムを取り付けます。

竹串と輪ゴムは、このように繋ぎましたが、工夫すれば輪ゴムだけでも固定できるようです(後述の参考ビデオをご覧ください)。

さあ、完成です。

動かし方ですが、プロペラ部分を手で回して、輪ゴムに巻きを加えることで、推進力を得ます。

昔の子供たちの「糸巻き車」の要領です(時代が違うので、分からないかも)。

糸巻車の発展型、輪ゴム動力車自由研究のアドバイス

管理人
どうでしょうか?無事に完成して、動いたでしょうか?

 

細かい部分がわからなかったという方のために、参考ビデオを紹介いたします。私と少し作成手順が異なる部分もありますが、作業しやすい方で進めていただければと思います。

動画作成者の方に感謝いたします。

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ