手作り貯金箱の牛乳パックでの作り方、くるくる回る可愛いからくりアイデアに子ども満足!


完成品です。ちょっと「目力」が弱い?でしょうか?

「牛乳パックで作ったカエルのパックン貯金箱」です

管理人
作成時間は30分程度ですので、小学生の子供さんでも、一日あれば余裕で真似して完成間違いなしです。

 

夏休みの自由研究工作で、貯金箱というのは珍しくないです。・・・結構、簡単に出来るのですが、「作った人の特徴はちゃんと出る」というのは、うれしいところだと思います。

全く同じ物を学校に提出しても、学校も困りますが、動物の種類や表情、色使い等のデザイン、素材で個性がでますから、ぜひ「動物(生き物)貯金箱」に挑戦してくださいね。

スポンサーリンク

手作りパックンカエル貯金箱の作り方

材料

材料は、飲み終わった1リットルの牛乳パック一本、生き物の色の折り紙、ストロー一本、竹串一本です。100均ショップでOKです。

必要な用具は、ハサミ、カッター、糊、ホチキス、定規、マジック、セロテープなどです。

パックンカエル貯金箱本体の作り方

さあ、それでは詳しく写真入りで説明しますね。

加工していくのは、牛乳パック一本です。

牛乳パックの底から何センチの深さの貯金箱にするかは、自由です。

本当に500円硬貨で一杯にする意欲があれば、10センチでも大丈夫です。

・・とりあえず、私は8センチにしてみました。

切り取った牛乳パックの上部に、このように二か所の切れ込みを入れなければいけません。

カエルの舌が上下に動くために必要となります。

ただ、この切れ込みの深さは、実際に動かしてみて何度か、調整しないと上手くいきません。

パックンカエルの舌の作成

余った牛乳パックの一部で、「カエルの舌の土台」を作ります。

牛乳パックの断面より、少し小さいくらいの四角形に、切り取ります。

そのカエルの舌用の台紙の、向こう側から三分の一程度の場所に、ストローをこのようにセロテープで固定します。

それでは、ストローに竹串を通して、このようにセットします。

そして、何回かスムーズに動くように、「切れ込み」の深さを調整してください。

この調整に少し時間がかかると思いますが、ここが貯金箱作成のポイントなので、ゆっくりと丁寧に、行ってくださいね。

貯金箱のふたの作成

残っている牛乳パックの部分で、貯金箱のフタを作ります。

このように、切れ目を入れます。

折りたたんで、このようなフタにします。

これは、ホチキスで留めます。糊やテープだと、剥がれてくる可能性があるからです。

こんな感じのフタが出来たでしょうか?

貯金箱の組み立てと色付けなど

フタを上からかぶせて、セロテープで固定します。

この時には、カエルの舌は中にセットしておきます。

最初に、カエルの舌に赤い折り紙で化粧しましょう。

貼り付けるだけです(これはあらかじめ貼っておいてもOKです)。

「カエルの目」も、余った紙で作ります。

全部を組み立てて、折り紙で色を付けたら完成です。

貯金箱作成時の注意点ってある?

ゆつくり、慎重に作れば大丈夫です。

カッターを使用するときには、安全に気を付けてくださいね。

「かえる」でなくても、お気に入りのペットでもOKです。その方がオリジナリティがあって、おすすめです。

制作上のポイントは、コインを入れたときに、バランスよく舌が上下して、「パックン」しているように見えることです。

何度か調整して、丁度よい「切れ込み位置」を決めてください。

スポンサーリンク

最後に

小学生の工作は、特に創造性や発想力を高めて、実際の作成で「手先の巧緻性」も鍛えます。

つまり、「脳」の成長にとても良いということです。

ぜひ、お父さんお母さんと一緒に、楽しく工作してみてくださいね。

夏休みの宿題工作で作る方も、とても短時間で完成できますから、ぜひ挑戦してください。

管理人
そうそう、写真だけでは不明点があるという方は、こちらの参考動画をご覧になってください。

動画作成者の方に感謝いたします。

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ