母の日ギフトにプリザーブドフラワー、おすすめ安い?


プリザーブドフラワーとは、生花とか葉とかを、特殊な液に漬け込み、水分を抜いた花(植物)のことですね。

枯れませんし、生花と同じ外観を長く保って、美しさが持続しますし、カラーバリエーションも豊富です。

結婚式や誕生日のプレゼントにも喜ばれるのは、もっともですが、もちろん、母の日のプレゼントにも最適でしょう。

スポンサーリンク

母の日ギフトにプリザーブドフラワー、人気の理由?

お花は、プレゼントによいものです。生花でも、鉢植えでも、生花店の人に頼めば、アレンジして配送してくれますが、特にお花のお世話が面倒という人には、プリザーブドフラワーがおすすめですね。

お水を全く必要としないし、劣化しませんから、ずっと飾っておけます。ただ、プリザーブドフラワーは、湿気を嫌いますから、ケースか額に入ったものをお勧めします。

お花が好きなお母様だったら、私はまず最初にプリザーブドフラワー推薦です。素敵なお花を一生綺麗に飾っておけますし、お値段も、小さいサイズならば2,000円くらいからありますから。

このように、プリザーブドフラワーは、クリアケース入りが多く、ホコリや湿気からも守られるので、お花の寿命も長くなりますし、商品としても、自筆の手紙や写真の同梱も可能(お店によりますが)で、好きなメッセージや名前、日付の彫刻などもできるようです。

母の日の感謝の気持ちを伝えるのに、ピッタリのデザインを選んだり、お母さんのイメージに合わせた花の色も自由に選べるのが、大きな魅力です。

※今は「母の日メッセージ」を添えたプリザーブドフラワーが売れているそうです。

母の日ギフトにプリザーブドフラワー、どこで購入?

実は、プリザーブドフラワーは、材料を準備して少々勉強すれば、自分で作るのも可能なのですが、初めての方だと、少し難しいと思います。最初は購入するのが安全で早いでしょう。

プリザーブドフラワーは、最近はお花屋さんでも購入できますし、デパートの入り口の花屋さんで見かけることは、多いです。大きめの雑貨屋さんなどでも有りそうです。

購入に当たっては、最初はご自分の目で実物を確かめられたら良いと思います。大型デパートのテナント花屋などで、見本を見てみましょう。

私のお気に入りはケース入りの小型のものです。少し小さめなので、たくさん並べても場所をとりません。色も鮮やかなのがいいですね。

目が肥えてきましたら、ネット通販で気に入ったものを探してみて下さい。プリザーブドフラワーは、生花とは違って、長持ちしますし、どこにでも置けて便利です。。

スポンサーリンク

母の日ギフトにプリザーブドフラワー:最後に

私は、今年は特に「ハイビスカスのプリザーブドフラワー」を探す予定です。

ハイビスカスは生花では、すぐに萎れてしまいますが、プリザーブドフラワーならば、長い期間大丈夫です。

そして、スイーツがセットになった商品もあるようで、今から贈るのが楽しみです。(^◇^)

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ