母の日の由来と歴史、日本の母の日都市伝説~知ってた?


毎年5月の第2日曜日は「母の日」なのは、日本では定着してきました。

ただ、各国で若干、記念日は統一されていないのです。

お父さんやお母さん、幼稚園や保育園の先生たちは、この時期には「母の日って何~だ?」と、子供たちを相手に、クイズを考えたり、飾り付けを考えたりと大変と思います。

管理人
今回は、簡単ですが、「母の日の始まり」、「母の日の関係したアルアル」なんかを、描きますね!(^^♪

是非、この機会に親孝行をしておきたいと思います。

スポンサーリンク

母の日の由来と歴史、これが子供向け説明?


「母の日の起源とか、由来って、何なんですか?」皆さんは、はっきり説明できますか?

私も、はっきりとはわからなかったので、調べてみました。

母の日の起源って、割と新しい?

1905年5月9日なんですが、アメリカに「アンナ・ジャービス」という女性がいまして、この人は、キリスト教の教会学校(土曜日や日曜日に子供に簡単な聖書の話を教える教会のクラスのこと)の先生をしていました。

この人は、教会で何回も「父と母を敬いなさい」という聖書の言葉を聞いていて、生前に母を敬う機会を設けようと、亡き母のことを思って、教会でカーネーションを配ったり、 追悼式(法事)を行ったそうです。

こうした働きかけは、アメリカ全土へと広まっていって、1914年には、当時の大統領である「ウイルソン」が、5月の第二日曜日を「母の日」として、アメリカの国民の祝日に制定されたのだそう。

母の日の由来と歴史、日本の都市伝説とは?

母の日は時代と国で違っていた?


ただ、日本やアメリカでは、母の日は5月の第2日曜日なんですが、たとえば、スペインでは5月第1日曜日ですし、北欧のスウェーデンでは5月の最後の日曜日・・という感じで、国によって祝日は様々です。

実は、日本でも、最初から5月の第2日曜日ではなくて、祝日は変遷しています。

≪最初≫1931年(昭和6年)には、皇后(香淳皇后)の誕生日である、3月6日でした。

≪次には≫1937年(昭和12年)になると、「森永母の日大会」であった5月8日に移りました。

≪現在は≫1949年(昭和24年)アメリカの母の日祝日に倣って、5月の第2日曜日に移りました。

スポンサーリンク

アボガドと母の日の関係って?

もう、母の日ギフトは決まりましたか?

「ギフト早割り」なんかもありますから、お得に賢く感謝の気持ちを伝えてください。

「母の日の都市伝説」って感じの話なんですが、アボガドと母の日がシンクロしているって本当なんでしょうか?

ある人は「スーパーにチラシに『母の日でアボガド特売!』みたいな文言があったのですが、アボガドと母の日って、何か関係ありますか?」とのこと。

それは実に不思議な話なんですが、女性にはアボカドは人気ありますね。私もアボカドは大好きで、「マグロとアボカドどんぶり」は我が家で人気の一品です。

アボカドは栄養たっぷりなので、スーパーも母の日にあやかって、特売してたのかなあと思いますね。アボガドおすすめで~す。(^_-)-☆

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ