折り紙の立体いちごの折り方工作、ほおずき的にも作成可能な作り方!


こんなリアルな立体イチゴが出来ました!

管理人/メグ
3歳~4歳、年少の子どもさんでも、お母さんと一緒に作れると思いますよ~。(^^)/

今回は折り紙一枚ではなくて、「二枚」でリアルに作りたいと思います。

イチゴの花 や葉っぱの製作も紹介したいのですが、複雑になりますので、次回に譲りますね~!

スポンサーリンク

折り紙の立体いちご制作の材料は?

一個作るには、大小の折り紙一枚ずつ必要です(赤と緑)

今回は二個作りますので、大小二枚ずつ準備しました。

※小さいサイズは四分の一の大きさになります。

折り紙の立体いちごの折り方を写真で紹介!

最初に三角に二回折ってから開きます。

次に。三角に二回折ってから開きます。

折り目を利用して、このような四角形に折ります。

(内部が分かれている形です)

そのまま、このように折ります。

裏側も同様に折ります。

いま折った四か所を、このように全部開いていきます。

全部開くと、このようになります。

白い部分を、このように上に折ります。裏側も同様に折ります。

全部開いてから、折り目を利用してこのように折ります。

「谷」と「山」を折りかえて、このように折ります。

このようになります。

上部を、このように折り目を付けます。

ここからは、イチゴの「額」が出来てから合体させます。

スポンサーリンク

折り紙の立体いちご、「額」の制作は?

小さい(四分の一の大きさ)緑の折り紙を、イチゴ本体と同様に、このような四角形に折ります。

このように折ります。裏側も同様に折ります。

上部を、このように折ります。

開いて、裏表ともこのように折ります。

「十字」の形に開きます。

イチゴの本体と額を合体させます

額を本体に、このように挿します。

突起している部分を、本体側に倒します。

折り目を利用して、このように折り込みます(四か所)。

全部、折り込むとこのようになります。

この部分の「穴」に細い棒を入れて、イチゴを膨らませます。

はい、立体リアルいちごが完成しました!

最後に、作成の注意点と参考動画のご紹介!


いかがでしょうか?

最後まで完成されましたでしょうか?

何か所か、言葉と写真での説明でも難しい手順があったかも知れません

もし、不明な手順がありましたら、ぜひ次の参考動画をご覧になってください。

動画制作の方に感謝いたします。

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ