折り紙で牛の折り方作り方、2021干支は丑、立体の簡単制作!


今回、折り紙で制作してみたのは「2021干支の丑」です。

こんな実際の動物の牛をモデルにしてみました!

さすがに、実際の牛は迫力が違います💛

スポンサーリンク

折り紙の簡単な牛の折り方、材料は?

リアルに難しい牛に挑戦するのは別の機会にしまして、今回は折り紙の平面一枚(合計二枚)の折り方の紹介です!

市販の折り紙で、白色と牛色?(茶色)を用意しましょう。

ホルスタインという乳牛が日本では有名なので、この牛の独特の模様を造るために、白色の折り紙にそれらしい模様を描いておきましょう!

このように山折り、谷折りにします。

折り紙で牛の作り方、2021干支は丑を作ろう!

裏返して、このように「蝶々ネクタイ」みたいに折ります。

鉛筆で描いた線に沿って、内側に折ります。

このようになります。

もう一度、少し内側に折ります。

端を内側に折ります。

表側にして「尻尾」部分を適当に引っ張り出しましょう!

スポンサーリンク

折り紙で2021干支の丑、折り方の注意点など!

今度は「牛の頭」を作ります。

四つ折りにして、カットして四分の一だけ使います

このように三角に折ります。

上部を少し折り返します。

内側に、このように折ります(ちょっとボケました、すみません!)。

外側に、このように折ります。

裏返して角の形を整え、牛の目と鼻を入れます💛

(鼻は一枚めくるだけです)

横向きにして裏側の折り紙を引っ張り出して、胴体との接続に使います。

またまたボケました、すみません!

胴体と頭を接着剤で付けると、「2001干支の牛」の完成です💛

管理人/メグ
いかがでしょうか?無事に完成しましたでしょうか?

 

もし、詳しい折り方で不明なところは以下の動画が参考になるかもです(全く同じ折り方ではありませんが)。

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ