折り紙くす玉の折り方作り方、カラフルかわいい豪華な七夕飾り!


こんな、七夕飾りの折り紙くす玉が出来ましたよ!

七夕の風情って、日本の原風景を想像させてくれて、素敵な行事の一つですね。(^^♪

管理人
今日は、こんな感じで、折り紙での七夕飾りの作り方を、皆さんに紹介したいと思うんですよ。
管理人
実は、実際に作ってみたら、簡単だと思ったんですが、不器用なもので・・

皆さんは、ご家族で七夕は、どんなふうにお過ごしになりますか?

出来れば、家の中に、子供さんと一緒に作った七夕飾りをかざって、お話しながら過ごせたら、楽しいですね。

夏の折り紙飾りといったら、花火とか、くす玉、ひまわり、金魚、スイカ・・でしょうか?

今回は、私が小さいころに、母と一緒に作ったような記憶が、微かにある「くす玉の作り方」を、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

七夕飾りのくす玉を100均材料で作成①

折り紙の材料は、100均でオーケー。ただ、そのまま使うと大きすぎる「くす玉」ができるので、四等分して使います。

それから、のり(木工用ボンドでも良し)、ペーパーナイフ、両面テープです。

まず、二つに折って、三角にします。

次に、片側を折り返して、こういう状態にします。

もう片方も、同様に折り上げます。

片側を下側に半分折り戻します。

一度、開いてから内側におります。

開きます。

飛び出ていた部分を、折り返します。

それをまた、内側に二つに折ります。

反対側も、同様に居ります。

七夕飾りのくす玉を100均材料で作成②

この部分に、少し両面テープを貼り、保護テープははがします。

テープを付けた部分を、上のように接着します。数秒強く押すとすぐ付きます。

同様に合計5個作ります。

それぞれに、両面テープをつけて、5個の花びらを接着して、1個の花にします。

はい、すると、こんな花が1個できました。

これを3個一緒にして、接着します。

こうなります。頂点部分は、しっかりと両面テープで接着します。

3個セットの花が、4セット必要なので、全部で単品の花は5✖3✖4=60個作らなければいけません。

全部、上手く接着させると、上のように完成です。

私も、案外、簡単に作れるものと思ったのですが、花びら1個に100秒かかりました。60個だと合計100分=1時間40分、それと接着待ち時間等で、2時間はかかります

スポンサーリンク

七夕飾りのくす玉の作り方、難しかった点、注意点はここ?

管理人
分かりにくいですよね?でも要は単品花びらが出来ていれば、それを60個くっつけるだけです。それを、失敗しないで、早くできるかですね。

子供さんたちと、ゆっくり何日かかけて、作り上げるのが良いと思います。

それで、どうしても剥げやすい部分は、小さな洗濯ばさみが便利でした。


これは、とっても小さな洗濯ばさみです。


こんな感じで、私は使いました。そうでないと、ぽろぽろと壊れていくのでした。。。

糊と両面テープは、作りやすい方を使ってください。どっちでも構いません。

普通の100均折り紙を4等分して使うのですが、私は残りの枚数の計算が狂ってました・・・つまり、どこかに2枚重ねて使ってました(笑)

あとは、完成した時に、同じ色の花びらが隣り合わない方が、きれいと思いました。

最初から、計画的に作らないと、難しいですね。

花びらは、正確に切らなくても、多少でこぼこしてても、その方が出来上がった時に、自然な感じがするので、ミリ単位で正確に折らなくても大丈夫です。

お子さんが、試行錯誤で作った花の方が、味があるのではと、想像します(^^)/

最後に、手作りの飾りは誕生会などにも使えます!

うちでは、こんな手作りの装飾は捨てないで、保存しておいて、子供たちの誕生会などに飾ってあげます。

買ってきた装飾よりも、格段に親近感が湧くし、貴重な印象があります。

ちなみに、七夕の織女(織り姫)は、機織りの名人だそうで、そのため元々は短冊には、お稽古事の上達のお願いを書くものだったらしいです。

管理人
一緒に手作りの飾りを作りながら、いろいろなお話をしてあげて、お願い事として、周囲の人の幸せや、お隣の国の人たちのことを思いやる心が大切なことなど・・お母さまが上手に伝えることができれば、いいですね・・・それでは、また~(^^)

 

最後に、ユーチューブに、途中まで同じくす玉の作り方のビデオがありましたので、紹介させていただきました。

動画作成者の方に感謝いたします。

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ