手作りトイレットペーパー芯日記、夏休み自由研究アルバムを作ってみた!


こちらが、トイレットペーパーの芯の中に、思い出を閉じ込めた「絵日記」みたいなものです。

どうなっているかというと、こんな感じです。

トイレットペーパーの芯の中に、小さな「絵の切り抜き」を並べて、思い出の世界を作るというものです。

まだ、イメージが湧かないかも知れませんので、参考ビデオをご覧ください。

動画作成者の方に感謝いたします。

管理人
今日は、こちらの、ちょっと芸術的な一品の作り方を写真と一緒に、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トイレットペーパーの芯の中に、夏休みの想いでを閉じ込めた!

トイレットペーパー芯アルバム」とでも、いいましょうか?

とっても、ユニークな発想のアルバムですので、夏休み工作の宿題としても、他の人と被る(一緒になる)心配はほとんど無いと思います。

素材的にも、100均で揃えるまでもなく、トイレットペーパーの芯は、ご家庭にあるものですから。

それでは、トイペ手作りアルバムの作り方です。

必要なものは、材料としてはトイペの芯を一個(一つの思い出に対して)、台紙(私は普通のコピー用紙を使いました)、用具としては、セロテープとハサミくらいなものです。

最初に、思い出を切り抜いた台紙を用意します。

これが最も大変な作業ですね。今回はイラストを印刷したものを説明用に使いますが、理想はカッターで小さく切り抜い台紙が良いです

それで、絵の大きさですが、トイレットペーパーの芯の中に納まる大きさなので、最大で3センチくらいにします(絵の部分)。

トイレットペーパーの芯の中に、押し込むために、形を整えます。

絵の部分が最も大きくなるようにして、下部は小さく切ります。

こうしないと、押し入れることが出来ません。

筒の左側を最も奥側として、奥側(背景)から挿入していきます。

カッターで、挿入する部分にあらかじめ、切込みを入れておきましょう。

はい、背景を一個、挿入しました。

筒の外にはみ出した台紙の部分は、動かないように糊付けするか、セロテープで固定します。

はい、二つ目を挿入して、固定しました。

三つ目を挿入して、固定しました。

最後に、最も近景の切り絵を挿入します。

どうでしょうか?

上手く、出来上がったでしょうか?

トイレットペーパー芯アルバムの作り方の難しかった点とは?

「型」を作って切り抜くのが最もきれいに仕上がる

私も初めて作ってみたので、戸惑うことが多かったです。

まず、難しい点は理想では「型を切り抜く」という作業です。大人でも正しく「型」を作って切り抜くのは、大変だと思いました。

ですので、私は「写真の切り取り」でもいいのかな?と、思います。

でも、小さく(3センチ以内)に加工しないといけませんので、デジカメとかスマホで撮った写真データを、小さく印刷して切り抜く、今回のような方法が現実的かな~とも、思います。

遠景から近景まで見栄え良く配置するのはゆっくりと

次に遠景から、順番に近景まで、見栄え良く配置していく作業も、けっこう大変だと思いました。

まあ、失敗しても、引き抜いてもう一回挿入すればいいので、時間をかけてゆっくりと作業すれば、大丈夫でしょう。

スポンサーリンク

思い出をずっと残せるって素晴らしい!

夏休みの中で、「これは思い出として残したい」というものは、そんなに何十個もないと思います。

5~10個くらいを、こんな形で「思い出化」できたら、素晴らしいと思います。

学校のちょっとしたコーナーに、展示してあれば非常に目立つこと請け合いです。特性ミニチュアアルバムですから、ものすごく注目を引くと思います。

自宅の玄関に飾ってあれば、訪問客の方はのぞき込んで精密さときれいさに、びっくりすると思います。

管理人
ぜひ、ご家族もお手伝いしてあげて、夏休み工作のメインにしてあげたら、一生の思い出になりますよ。それではまた。(^_-)-☆
スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ