折り紙八角形ギフトボックスの折り方や作り方,夏休みの小学生自由研究に!


こんな洒落た、ギフトボックスが、折り紙一枚で折れてしまうとは!びっくりでした。

少し柄のある折り紙で折ってみましたが、柄を良く選んで作成すれば、超かわいいオシャレなプレゼント用の箱が、手作りできちゃいますよ。

管理人
夏休みの自由研究に「何を作ろうかな?」と、悩んでいらっしゃるなら、とりあえずご家族で、作ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク

八角形ギフトボックスの材料は?

材料と言いましても、ほとんどありません。

ただ、ギフトボックスに最適ですので、「四角形の紙の柄」を十分にご検討ください。

単色ではなく、カラフルな細かいパターン模様だと、出来上がりが更に素晴らしいと思います。

ですので、材料としては、折り紙一枚と、整形用の割りばしが一本あればよいと思います。

八角形ギフトボックスの箱の折り方とは?

それでは、折り紙の八角形ギフトボックス箱作成の説明を始めますね。

折り紙を三角形に二回折ります。

それを、広げまして、中心に向かって、このように折っていきます。

全ての角を折ります。

裏返して。折り目にしたがって、「このポイント」に頂点を合わせております。

四つの角を同様に折り、折れ目を付けます。

一度広げまして、折り目に従って、このように中心線まで、折ります。

反対側も、同様に折ります。

90度回転させまして、また下から折ります。

全部の角を折ると、このようになります。

更に、折り目に従って、上方に折ってから、中心線で折り返します。

ここが、難しいポイントです。

残りの角を、すべて同様に折りますと、このようになっいる筈です。

ここが、折り方の間違いやすいポイントですよ。

上の四つの花びらのような突起を、交互に交差するようにして、蓋を閉じます。

ひっくり返して、底面の四隅を、このようにすべて折ります。

少しずつ、紙風船を膨らませる要領で、箱の中身を大きくしていきます。

次第に、八角形の形になってきました。

この時に、割りばしを使用して、箱の中に差し入れ、少しずつ整形していきます。

手の指を入れますと、かえって形を崩すことがありますから、ご注意ください。

「コツ」としては、底面の八角形を正確に作ることです。

※男性のネクタイ装着で、最初に三角を正確に作っていないと結局、形が崩れてしまうのと、同じ原理?かも。

さあ、こんな感じで出来上がりです。

スポンサーリンク

八角形ギフトボックス作成時のここに注意!

この、折り紙の八角形折りは、けっこうデリケートです。

私も、10分くらい時間がかかりました。 ほとんどを、後半の八角形の整形に使いました(汗)。

注意点としては、ゆっくりと慎重に作業することですね。

変な力を入れますと、すぐに形が崩れてしまいます。

ですから、細かい部分は割りばしを使って、丁寧に整形していってくださいね。

一個目は練習として作ってみて、二個目を本番にしても、良いのではないでしょうか?

このあたりの作業が、最も大変ですね。

最後に、宿題自由研究提出時のアドバイス!

管理人
いかがでしょうか?無事にギフトボックスは完成したでしょうか?

八角形ギフトボックスの作り方の不明な部分は、こちらの動画を参照してください。

動画作成者の方に感謝いたします。

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ