ペットボトルのプロペラ船工作、輪ゴム動力の簡単な作り方を写真解説!


ペットボトルで、こんな輪ゴム動力の船が出来ました。お風呂の中を、パワフルに動き回っていましたよ~!

お家に転がっているペットボトルの有効活用に、輪ゴムを使ったゴム動力のアイデア船の簡単作り方っていかがですか?

管理人
市販の組み立て玩具ではないので、子供さんの頭脳の能力開発にも、最適だと思います!

今回は「変形プロペラ船」のようなもので、お母さんとお父さんが一緒なら幼児でも、小学生でも、おしゃれな船が出来ると思いますよ~!

スポンサーリンク

輪ゴム動力のペットボトル船の制作材料は?

主なものを写真にしました。

  • ペットボトル・・四角形の500ミリリットル容器1個。水の上では四角形のものが安定性抜群ですので。
  • 牛乳パックを洗って乾燥させたもの・・耐水性が抜群です。
  • ペットボトルのキャップ・・全部で3個
  • 輪ゴム・・1個
  • 竹串・・1本
  • 道具・・カッター、ハサミ、グルーガン、マジック、千枚通し、など。

輪ゴム動力のペットボトル船の作り方を写真で解説

①ペットボトルにカットする部分を、このようにマジックで描いておきます。②ハサミとカッターでカットします。③胴体の真ん中付近の左右均等部分に、このようにプロペラ軸を通す穴を開けます。④試しに竹串を通してみましょう。スムーズに動く穴の大きさが必要で~す

①竹串はこのくらいの長さでカットします。②ペットボトルのキャップの中心に穴を開けます。竹串を挿しますが穴はキツメにします。③竹串とキャップを取り付けてみましょう。④キャップに取り付けるプロペラを牛乳パックで作ります。3✖10センチの大きさに4枚作ります。

①キャップは、このようにプロペラを挟むために切れ込みを4か所に入れます。切れ込みはなるべく深くします。※ケガにご注意くださいね。②プロペラは、それぞれにこのような切れ込みを入れます。③プロペラをこのように組み立てましょう。④プロペラをキャップに組み込みます。

接合部分は、このようにグルーガンで固めて外れないようにします。②2つとも同様に接着します。③出来たプロペラを本体に取り付けます。④残ったキャップも同様に真ん中に穴を開けます。

軸に輪ゴムをこのように絡めます。②③輪ゴムの端をクリップなどを利用してペットボトルのキャップの先端に、このように取り付けます。④軸の輪ゴムはグルーガンで固定します。

完成しました。

さあ、池とかお風呂で動くかどうか実験です!

すごくパワフルに動きました。成功です!

スポンサーリンク

輪ゴム動力のペットボトル船の作成注意点などは?

  • カッターや千枚通しを使う時には、ケガに十分にご注意ください
  • 水の中で遊びますので、木工用ボンドは溶け出してしまいますので、どうしてもグルーガンが便利というか、必須です。
  • 船とかプロペラの形は、お好みで変形させたりして工夫が可能です。というか作成者のオリジナリティが出た方が面白いと思いますので、積極的に改造してくださいね!

最後に、参考動画を紹介いたします

管理人
いかがでしようか?最後まで完成されましたでしょうか?

小学生の夏休み宿題の自由研究工作にも最適なので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

私は30分くらいで出来ましたから、子供さんでも1~2時間あれば、完成出来るのではないでしょうか?

また、細かい部分で工程が不明な場合は、こちらの動画を参考にされてくださいね。

(動画作成者の方に感謝いたします)

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ