折り紙で立体の葉っぱの折り方作り方、簡単に落ち葉の折り紙リースも完成!


こんな、立体的な葉っぱが簡単に出来ます!

以前に「平面の葉っぱの作り方」を紹介しましたが、「もっと立体的に作りたい」という要望で、写真解説付きでご紹介しますね~!(^^)!

管理人
私が好きなのは、葉っぱの色も形も自由に作成できるので、簡単に「立体の落ち葉リース」とか、自由自在なことです。

たとえば、こんな・・・

リースの枠だけ、段ボールとか画用紙で制作しまして、この「立体の葉っぱ」を貼り付けていくだけ、なんです。(^^♪

それでは、作り方のご紹介で~す。

スポンサーリンク

折り紙で立体の葉っぱ作成の材料は?

平面の葉っぱより少し手がかかるので、糊とハサミが必要です。

でも、材料はお好みの色の折り紙を一枚だけです。

折り紙一枚で、葉っぱが二枚出来ますから、折り紙の枚数は半分でOKですね。

例によって、大きい葉っぱは「色付き折り紙」で、小さい葉っぱは「四分の一の大きさの折り紙」で作ると便利ですよ。

折り紙で立体の葉っぱの作り方を写真で解説!

先ず、折り紙を半分にカットしてください。

半分に折ってから、折り目に沿ってハサミで切ると上手くいきます。

三角形の下の部分から、巻き上げる感じでジャバラに折っていきます。

写真より、少し細かく折った方がキレイになります。

はい、こんな感じになりますね。

半分に折って、このように糊付けをしましょう。

乾燥するまで、洗濯ばさみなどで固定しておきます。

はい、開きますと、このようにきれいな立体の葉っぱの出来上がりです。

スポンサーリンク

折り紙の立体の葉っぱ作成での注意点とは?

作り方は簡単なんですが、大雑把に作りますと、こんな失敗作ができるかも知れません

少し変でしょう?

葉っぱの模様と言いますか、凹凸が少ないのが原因なんです。

最初に私が作って失敗しました。(;^ω^)

【改善点】

ポイントは、三角から折り上げていく時に、「なるべく細かく折る」ということです。

折りの回数が少ないと、変になるのです。

(失敗して・・分かりました!)

最後に、参考動画をご紹介します!

管理人
いかがでしょうか?最後まで完成されましたでしょうか?

一度作ってしまえば、あとは好きな色で、好きな形の立体の葉っぱが出来ますから、ぜひ挑戦してみてくださいね。

これなら、おかあさんと一緒に簡単にお好きな色で、お好きな形の立体の葉っぱが出来ますから、ぜひ挑戦してみてくださいね。(^^)/

もし、不明な手順がありましたら、次の参考動画をご覧になってください。

動画作成者の方に感謝いたします。

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ