折り紙で立体と平面の栗の折り方作り方、子供も超簡単な秋の工作!


平面と立体の栗(くり)が超簡単に出来ました!

管理人
大きさは、用紙によりますので色付き画用紙なら、大きな「栗」が作れます。

栗は季節感がありますから、壁面飾りなどにもぴったりですし、テーブルの飾り物にもいいですね。(^^)/

管理人の田舎の実家にも栗の木があって、「独特の香り」があるんですよね。

また、花も特徴的な白のもので、よく「栗拾い」に友達と一緒に出掛けたものでした。

懐かしいで~す。(;^ω^)

スポンサーリンク

折り紙で「平面の栗」の折り方

折り紙の上下を、このくらい折り返します。

裏返して、真ん中を半分に折ってから、折り目に沿ってこのように折ります。

他の角も同様に折ります。

半分に折ります。

また、半分に折ります。

このように、開きます。

裏側も、同様に開きます。

飛び出ていた、この部分を織り込みます。

反対側も同様に折り込みます。

更に、横の飛び出ていた部分も少し折り込んで、栗の丸みを出します。

反対側も同様に折り込みます。

サインペンなどで、栗らしい模様(ドット)を簡単に描きこむと完成です。

折り紙の「立体の栗」の折り方

四角に二回折って折り目を付けてから、開きます。

三角に二回折ってから、このように開きます。

裏側も同様に開くと、このような四角形になります。

黒い線に折り目を付けてから、このように折ります。

そのまま、上に折り上げて、ここまで折ります。

裏側も同様に折ります。

側面をこのように折ります。両側面とも同様に折ります。

こうなります。

下のこの部分に、折り目を付けます。

内部に折り込んで、両端の下も、このように折り込んで、丸みを出します。

すごくぷっくりした美味しそうな「立体の栗」が完成しました!

スポンサーリンク

最後に、平面と立体の栗の折り方の注意点と参考動画のご紹介!

管理人
いかがでしょうか?最後まで完成されましたでしょうか?

写真解説で、ほとんどの工程は理解できると思うのですが、もし不明な手順がありましたら是非、次の参考動画をご覧になってください。

※動画作成者の方に感謝いたします。

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ