折り紙の平面ぶどうと葉っぱの折り方作り方、幼稚園でも簡単な手作り工作!


こんな、かわいい平面ぶどうが葉っぱ付きで完成です!

りんご、いちご、バナナ、ミカン・・と果物にもいろいろありますが、ブドウは別格です。

管理人
気品があります?管理人の主観ですけど。(;^ω^)

管理人の住居の近くにブドウ園があるんです。

シーズンになると、多くの観光客が朝早くから集まります。

だって・・スーパーで売ってる物と違いますから。

もぎたてのブドウは・・香りも味も際立ちます。

(主人の実家に良くもっていきます。)

というわけで、今回は「平面ぶどうの折り方作り方」をご紹介させいくださいね。(^^)/

スポンサーリンク

折り紙の平面ぶどうの折り方を写真で解説!

ブドウ色の折り紙を数枚、ご用意ください。

短冊形にカットした長方形一枚で、二個のぶどうになります。

他に、ハサミと接着用に糊かセロテープがあったほうが良いですね。(^^♪

まず、短冊形の折り紙を半分に折って折り目を付けてから、このように折ります。

それを、上下に半分に折ります。

上の左右を、このように折ります。

折った部分は、このように中に折り入れます。

上部を、このように二回少し折ります。

開いて、このように「飛び出た部分」を丸くなるように内側に折ります。

白い部分も、このように平面にしておきます。

ひっくり返しますと、このようにブドウの粒が二個並んだ状態になっています。

あとは、糊かセロテープで好きな形にブドウの粒を接着して、本体は完成です。!(^^)!

折り紙の平面ぶどうの葉っぱの折り方作り方の写真解説!

三角に折ります。

このように折ります。適当で大丈夫です。

さらに、このように(適当に)折ります。「王冠」みたいな形ですね。

裏返しますと、葉っぱが完成しています!

スポンサーリンク

ぶどう本体と葉っぱを接着します

葉っぱは色を少し変えて、二つ三つ作ると雰囲気が出ます。

ぶどう本体と葉っぱを接着して完成で~す!

管理人
いかがでしょうか?最後まで完成されましたでしょうか?

特に難しい点は無いと思います。

ブドウの粒も、多少不格好でも味が出ますし、自然のブドウも多少不格好なので、問題ありませんね。

作ってみて分かったのですが、このブドウの飾りは葉っぱの色で映え方が違いますね。

私は葉っぱの色を緑と赤にしてみました。(赤がとっても映えました!

もし折り方で不明な手順がありましたら、ぜひ次の参考動画をご覧になってください。

※葉っぱの折り方は動画の方が大分難しいので、簡単な折り方にしました

動画作成者の方に感謝いたします。

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ