風船のバルーンカー作り方、簡単工作の洗濯ばさみバルーンアート車!


簡単に「風船カー」を作ってみました!

管理人のお家に転がっていたもので、ものの10分程度で~す。(^^)/

工作は難しくないのですが、いろいろと課題も見つかりましたので、シェアしたいと思います。

そうそう、子供さんの夏休み宿題工作の自由研究にも、持って来いです!

スポンサーリンク

風船カー制作の材料は何?

最初にいろいろと使えそうなものを集めてみました。

大体は、使ったのですが・・・使えないものも出てきましたね。

必要な物は、ペットボトルキャップ四個、竹ひご(あとで爪楊枝二本に変更)、風船一個、輪ゴム三個、太めのストロー一本、洗濯ばさみ二本、です。

用具は、千枚通し、グルーガン、などです。

風船カー作成の手順を写真で解説!

最初に、ペットボトルのキャップに千枚通しで穴を開けます。

今回は、つまようじが通るくらいの大きさです。

こんな感じで、つまようじを使おうと思います。

竹ひごは、太くて洗濯ばさみの穴を通らなかったので、変更しました。

洗濯ばさみに、爪楊枝を通して、ペットボトルのキャップを装着します。

ペットボトルのキャップと爪楊枝は、グルーガンでこのように接着してください。

ペットボトルのキャップの直径がギリギリ大きかったので、後輪の車軸はこの部分に変更しました

後輪の車軸が外れないように、(例えば)ティッシュペーパーで詰め物をしてください。

本体の工作は、だいたい終了です。

風船動力の「風船カー」なので、このようにストローと風船を輪ゴムできっちりと留めます。

本体と風船ストローを、このように輪ゴムで固定したら完成です!

スポンサーリンク

最後に、風船カーの作り方で困ったことなど!

管理人/メグ
いかがでしょうか?最後まで完成されましたでしょうか?

「風船カーおもちゃ」の馬力は相当大きいです。

遊ぶ時には、ストローから息を吹き込んで風船を大きく膨らませてから、広い場所で走らせてみてください。

私の場合は、風船の威力が強くて、車ごと吹き飛んでいく感じでした。

改良する箇所があるとすれば、吹き出す空気量の調整です。

一気に噴出さずに、何かしら制御できれば、走行時間も長くなって楽しめるのではないかと思いました。

(そんなところを夏休み宿題工作のポイントにすれば、いい自由研究が出来るかもです。!(^^)!)

今回は、全くオリジナルで作ったので参考動画がありませんが、皆さん工夫して楽しく遊んでくださいね。

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ