糸巻き戦車の作り方、おもちゃ工作でペットボトルキャップ糸車作った!


こんな糸巻き戦車を作って、子供と一緒に遊びました!

管理人/メグ
以前から、「糸巻き戦車作りたい!」という妙な欲求?がありまして、やっと念願かなったのですが、不思議な糸巻戦車になっちゃいました。(;^ω^)

子どもの頃、こたつに入って、本当の糸巻きに輪ゴムをねじ込んで、実際に走った時には感動したことを、よく覚えていたのでした。。。

原理を上手に説明できませんが、ゴム動力のおもちゃです。

スポーツカーやレーシング カーおもちゃの見栄えも無いのですが、身近にあるもので作れる物ですね。(^^)/

スポンサーリンク

ペットボトルキャップの糸巻き戦車の材料は?

材料としましては、ペットボトルの上の部分二つ、輪ゴム一個、竹ひご一本

用具は、千枚通し、のこぎり、グルーガン、ハサミ、などです。

ペットボトルはこの部分だけ、使います。

私は、仕上げにこんなカラーテープも使いました。100均ショップに売ってます。

ペットボトルキャップの糸巻き戦車の工作手順とは?

私は最初に、この根元部分から切断しようと思ったのですが、とてもとても硬くて断念しました。プラスチックが特に厚いのです!!

急遽、ハサミで切れる限界までハサミで切断することにしました。

この部分が限界です。

※男の人で、よく切れるのこぎりであれば、根元切断可能とは思います。(;^ω^)

二つとも、同じようにカットしました。

グルーガンで、一方の切り口にボンドを付けます。

ぴったりと接着してくださいね。

上から、もう一度ボンドで固めれば完璧です!

続いて輪ゴムを装着していきます。

まず、両方のペットボトルのキャップの中央に穴を開けます。

輪ゴムを、このように通して下さい。裏から表側に通します。

短い竹ひごをストッパーにして、この部分はグルーガンで接着します。

少し大変なんですが、輪ゴムを反対側のキャップにも通します。こちらは長い竹ひごを通しましょう。こちらは接着しないでくださいね。

原型は完成です。これで長い竹ひごを巻いて離すと、普通に走りました。

ただ、少し装飾してみることにしました。

カラーテープを巻きつけてみると、けっこう楽しい感じになりました。

(管理人は、こういった「遊び感覚」が好きなんです。(;^ω^))

スポンサーリンク

最後ら、ペットボトルキャップの糸巻き戦車工作の注意点は?

管理人/メグ
いかがでしょうか?最後まで完成されましたでしょうか?

少し、注意点があるんです。

輪ゴムにも、長いもの短いもの、太いもの細いもの、がありますよね?

今回、制作してみて「少し力が弱いかな?」と思ったので、皆さんもいろいろな輪ゴムで試してみてください。

もちろん、「短めで太めのゴム」がより強力です!

あとは、このようにキャップ部分に「滑り止めの輪ゴム」を装着すると、より走りが良くなります。スリップしなくなりますから・・。

いろいろと試してみてくださいね。

それでは、また。(^_-)-☆

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ