折り紙チューリップの折り方作り方、簡単平面だけどキレイかわいい!

こんなカワイイ、折り紙チューリップが出来ました!

けっこうカッコよくないですか?

幼稚園さん、小学生さんでも余裕で作れます。(^^♪

こっちはリアル本物で、これに似せて作りました。

チューリップの名札、やリース花束にもいいですよ。

折り紙チューリップ工作の材料は?

私は、四分の一の大きさの折り紙を使いました。

壁面飾りの場合は、普通の15センチ角の折り紙か、色付き画用紙がいいですね。

折り紙チューリップの折り方を写真で解説!

折り目を付けるために、最初に四角に二回折ってから開いてください。

ここが少し複雑なんですが、この写真の通りに折ってくださいね。

真ん中は、中央付近までカットします。

下部は一度開いて、折ったラインに合わせて、再度折ります。

もう少し、このように折ります。

片側を上に折ります。

反対側も、同じように折りましょう。

(花びらの形になってきましたよね?)

まだ、横が膨らみすぎなので、このように畳みます。

さらに、形を整えます。

裏返しますと、花の部分は完成しています!

折り紙チューリップの葉っぱの折り方は?

最初に三角に折ります。

開いて、このように折ります。

白い部分も折ります。

さらに、もう一度折りたたみます。

反対側も折りたたみます。

半分くらいに真ん中から折りますが、このように片方を少し長くします。

横から見ると、こんな感じにしましょう。

少し引っ張って、葉っぱと茎の感じを出します。

葉っぱは、これで完成です。

花と葉っぱの合体とリース加工のアドバイス、参考動画のご紹介!

折り紙の花の真下に、このような「穴」が開いています。

そこに丁度、葉っぱの「茎」を差し込むことが出来ます。

上手く差し込むと、全く違和感なくチューリップの合体、完成です。

(おめでとうございます!!)

さて、「チューリップのリースを作りたい」という方もいらっしゃると思います。

こんなイメージはどうでしょう?

あるいは・・・

こんな感じとか・・。

「チューリップのリース」は実際には少ないので、手作り装飾でも珍しくて、制作すれば面白いと思います。

この記事で紹介した折り方は簡単なので、たくさん作って円形に装飾すれば、短時間で完成すると思います。

・・・さて、肝心の折り紙チューリップは完成されましたでしょうか?

もし、不明な手順がありましたら、ぜひ次の参考動画をご覧になってくださいね。

動画作成者の方に感謝いたします。(^_-)-☆



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました