画用紙一枚でできる立体の手作りクリスマスツリー飾り工作、子どもも簡単な折り紙の折り方作り方!


けっこう立派な立体のクリスマスツリーなんですが、なんと画用紙(折り紙)一枚で子どもでも簡単に出来るんです!

平面のクリスマスツリーよりも簡単だと思います。

早速、超簡単なクリスマスツリー飾りの作り方を説明しますね~。(^^♪

スポンサーリンク

画用紙(折り紙)一枚で出来る立体クリスマスツリーの材料は?

材料は、画用紙一枚だけです。

大きな立体クリスマスツリーの場合は、大きい画用紙が必要です。

あとは、セロテープとハサミ、糊などを使います。

画用紙(折り紙)一枚で出来る立体クリスマスツリーの折り方作り方は?

画用紙を最初に二枚にカットしておいたものを、重ねます

図のように、クリスマスツリーの半分の絵柄を描きます

そして、ラインに沿って切り取ります。

このように、全く同じ図柄のツリーが二枚できました

ちょうど高さが半分のポイントをチェックするため、軽く二つ折りにします。

一枚は上から中心まで、もう一枚は下から中心までハサミを入れます。

このように、お互いに挟み込むようにして合体させます。

しっかりと一体化して立体のクリスマスツリーが出来ています。

ただ、上部と下部がペラペラと固定されていないので、セロテープで固定が必要です。

そうすると、クリスマスツリーがしっかりと自立して安定します。

ここで、クリスマスツリーに飾り付ける装飾品を準備します。

これは100均ショップで購入した「型抜き」を使用して作成したハート、星、花びらなどです。

いろいろと飾り付けますと、こんな感じになりました!

飾りが少々貧弱なのは、ご愛敬です。(;^ω^)

スポンサーリンク

最後に、参考動画のご紹介!

どうでしょうか?

最後まで完成されましたでしょうか?

全く難しい工程はないので、大丈夫ではないかと思います。

もし、不明な手順がありましたら、次の参考動画をご覧になってください。

動画作成者の方に感謝いたします。m(__)m

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ