江の島デートスポット、ランチとディナーとおしゃれ夜景 !?


江ノ島デートって、もし女性の方から、誘われたら、脈ありでしょうか?

女性からしたら、江ノ島デートって、とても憧れで、羨ましいもの。

管理人
もし、好きな女子から「2人で江ノ島に行こう」なんて、誘われたら・・・脈はアリアリですよ!(^^)/

ところで、「江ノ島デートは別れる」なんて、ひどいうわさがあります。

単なるうわさですし、もてない人の僻みですから、一切、気にしないでくださいね。

・・・参考までの情報ですが、江の島に祀られているのは「弁財天様」。

もちろん女性の神様で、嫉妬深いと有名です。

カップルで行ったりすると、弁天様が怒るというのが、もっともらしい通説なんです。

ちなみに、江の島の弁財天様というのは、こちらの方でございます(汗)。

ちょっと、おっかないですね~。

・・・彼女と上手くいってたら信じなくてオーケー、ちょっと危なくなったら、弁天様のせいにするのが、「大人の嗜み」でございます。(^^)/

江の島の遠景

スポンサーリンク

自家用車ドライブと徒歩でのコースおすすめ

そうそう、交通なんですが、自家用車でのドライブで、なおかつ千葉方面からなら、アクアライン経由おすすめです。

アクアライン
➡首都高速湾岸線
➡横浜横須賀道路
➡逗子インター降りる
➡海岸道路経由にて江の島へ。
が良いドライブコースと思います。

国道134号線の逗子~鎌倉~藤沢は、絶好のドライブコースでしょう。

駐車場ですが、江の島の奥の県営駐車場がアクセスしやすく、おすすめです。

また、小田急の江ノ島駅から、徒歩でのコースも、天気が良ければ、とっても気持ちいいものです。

小田急 片瀬江ノ島駅

ゆっくり江の島内デート、おすすめコース

さて、肝心のデート散策コースを書いてみますね。

江の島入口の橋を渡る
➡「青銅の鳥居」をくぐって、真っすぐに「江ノ島神社」に続いている参道に向かって、ゆっくり左右のお土産物屋を見学。

青銅の鳥居

青銅の鳥居と参道入口のお土産屋さんの賑わい

➡両側に、様々な趣向のお店があって面白いです。

※「タコせんべいのお店」がよくテレビに出てます。小さなタコを熱と高圧で潰すと、大きな薄い「お煎餅」になるのですが、けっこう乙な味です。物珍しさもあり、いつもお客さんが並んでます。

➡ここから「江ノ島神社」までは、便利なエスカー(有料エスカレーター、江の島エスカーのりば)がありますが、エスカーだと一瞬?で到着してしまって、参拝の情緒がないので、私は急な階段を歩いて上るのが好きです。

江の島名物「エスカー」

そして「江島神社辺津宮」を見学。

江島神社の鳥居

江島神社 辺津宮

そのまま進むと、江の島サムエル・コッキング苑の素晴らしい庭園、江の島展望灯台、庭園が出現。有料(200円)です。入場しなくても左側には、海を眺められるベンチがあります。

江の島サムエル・コッキング苑

江の島って、かなりの高低差があるんです。

すぐにお腹がすくので、彼女とお茶や軽食を一緒にするには、「ベスト」です。

スポンサーリンク

さて、この辺で彼女と江の島を堪能する昼食をしましょう!

ただ、江の島ではデートも「体力勝負」的な部分があるので、がっつり系の食事がおすすめです!

江の島名物の生シラス丼です

生シラス丼セットでございます。

なんとも、ボリューミーな、こんなシラス丼もありますよ。

➡さらに道を進むと、急な下りの階段となって、島の奥の岩場にたどり着きます。荒々しい雰囲気で、ちょっとびっくりします。

※階段はとても急なので、彼女の手を取ってあげるチャンスです。

➡途中の「恋人の丘」へもぜひどうぞ。カップルだらけですが(汗)。

➡「稚児ヶ淵」「江の島岩屋」という名所があり、おすすめです。

岩屋の海岸風景

江の島・岩屋

岩屋からの風景

※この岩場から、また同じルートで戻ると、かなり疲れる予感がするので、観光船で江ノ島の入口の橋まで、戻ることができます。

料金400円かな?ただ、時間の確認が必要ですけれど。

江の島 遊覧船

※突端の岩場まで行って帰って、ゆっくり散策と見学で、約2時間はかかると思います。

昼食とお土産屋さんに立ち寄ると、丁度よい時間になるので、私は江の島単独での観光デートがおすすめと思います。

夏には「江の島・花火大会」もあります。

12月には、Xmasイルミネーションも・・・きれい!!

いかがでしょうか?

江の島観光デートは、散策途中に、たくさんの話のタネになるような歴史的場所、素晴らしい景色、風情あるお店などがあります。

江の島で、ハートマーク。。。

管理人
自然体でのデートで、自分もしっかり楽しむ気持ちで行くのがいいですね。(^_-)-☆

 

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ