花粉症の英語って?カタカナでも書けないお悩み解決!


花粉が飛ぶ季節でしょうか?

雨も少ないし、大分暖かくなってますね。

雨の翌日も花粉は、遠慮なく飛びます。今年は早いと感じるのは私だけ?

友人も「昨日から、鼻水と鼻づまり、くしゃみが出始めたよ。鼻水は止まらず、例のポタポタタイプで、水が流れるように素早く落下して、ティッシュが間に合わないよ~。まだ寒いぞ。」と嘆いてました。

花粉症の英語ということで、少し書きますね(^^♪

最後に、youtube で面白い「花粉症動画」を見つけたので、ご紹介しますね!

スポンサーリンク

花粉症って英語で「hay fever」って言うらしいですが?

そもそも、英語で「私は花粉症なんです」って、どういえば良いのだろう?

街頭で、目を潤ませてたり咳でむせたような重篤な症状の日本人を見たら、外国人はなんて思うのだろう?

それで、いろいろと表現を探してみました!

私は春になると花粉症で大変なんです。
➡I suffer from hay fever in spring.

なんていう表現も可能なんですが・・・実はダメみたいなんです。

なぜかというと、春先の花粉症って「スギ花粉症」なんですが、「スギ花粉(cedar pollen)」の場合は、慣用的に「hay fever」と言わないのだそう。

(Pollen allergyは大分、科学的な用語みたいですね)

・・・こりゃ、困った!じゃあ、なんというのだろう?

➡こう言ってみよう

  • 私はスギ花粉症です。I am allergic to cedar pollen. のようです。
  • または、名詞 allergyを使って、I have allergy to cedar pollen. もOK。
  • 私は鼻水が止まらない の場合は、I have a running nose. (runningなので本当に「止まらない」幹事が伝わりますね!)

※「allergy」 や「allergic」という「花粉症」という単語は「食べ物アレルギー」にも応用可能です。

「私は卵アレルギーです」➡I have an egg allergy.とかI’m allergic to eggs. みたいな感じです。

「私は花粉症対策してるんですよ」英語でなんて言う?

単に「花粉症」よりも、海外の人は日本人が四六時中、マスクをしているのをすごく疑問に思っていると聞いたことがあります。

(テロ対策なのか?と聞かれた日本人もいますよ・・・笑)

「対策」って、英語で「Preventive measures」だったり、「Precautionary measures」だったり、ありますが、「preventive measures」ってのは、かなり「硬い英語」で、ほとんど使われないそうです。

「予防するpreventing」や、「軽減するreducing」、「和らげるrelieving」を使った方が自然なんですね。

「私は(遂に)花粉症になったちゃったんです!」みたいな、時制がけっこう厄介な表現も使いたくなる事ってありますよね。

そんな場合は、

  • I have hay fever.
  • I’ve got hay fever.

でOKみたいです。

スポンサーリンク

付録、花粉症の症状やその根本原因、イギリス・カナダ・オーストラリア・南アフリカ共和国・アメリカにも花粉症はあり!

花粉症の患者って、杉の木が生い茂る田舎に多いと思ってませんか?

でも、花粉症の症状って、イギリス・カナダ・オーストラリア・南アフリカ共和国・アメリカにもあることを考えると・・・環境が原因かもしれません!

私の実家もかなりの田舎で、裏山にはたくさんの杉の木がありますけど、不思議なんですが、マスクしている人は殆どいません。花粉症の人は少ないのです。

大体、私が小学校の頃にも田舎では花粉症の話は無かったです

私が花粉症になったのも、都会に出て数年したからですから、できたらこの季節は田舎に戻りたいのが、心情です。

ということで、花粉症の患者は、都会に住んでいる人が圧倒的に多いです。

では原因は何だということですが、空気中に漂う排ガス成分や、空気の汚れのようです。

これらは風に乗って、都会に集中するように運ばれて、花粉と排ガス、アスファルト粉、いろいろな粉塵、微小有害物質がくっつくことによって、花粉粒子が大きく「成長」してしまいます。

これまでは花粉刺激を感じなかった人も、大きな花粉粒子が鼻腔を刺激することで、田舎では発症しなかった人が、都会での生活をはじめてしばらく経過すると、花粉症の症状が出てしまうわけです。

※私の友人のように、喉の奥に鼻水が垂れて侵入してくる症状は「後鼻漏」というそうですよ。

花粉症の症状、妊娠女性は耐えるしかない「I am pregnant」

それでは、実際に花粉症の症状がひどいと、どんな生活になるのでしょうか?実況中継です。

ただ、英語で「私は妊娠してます」は「I am pregnant」なんで、覚えて使ってくださいね!

「花粉症の症状はひどいです。昨年までは支障なく生活していたのに、今年は調子がとても悪いです。特ひどいのは寝起きで、鼻づまり(鼻はいつも左右のどちらかが詰まっている、両方詰まってる場合は最悪で口呼吸でしのぐ)は、しばらく呼吸を止めていると少し改善するが、体力消耗する。くしゃみは出だすと、連続して止まらず、ちょつと鼻腔を刺激しただけで止まらない。体はだるく、いつも倦怠感があって、体調は最悪、ニキビのような肌荒れもできています。」

よくわかります。私も同じ。

また、妊娠中の女性の悩みも深刻です。

「花粉症の症状を軽くしたいです。もともと花粉症ですが、今年は妊娠が重なってしまいました。現在7ヶ月。産婦人科でも耳鼻科でも相談して、漢方薬を出してもらっていますが、全然症状は軽くなりません。」とのこと。

漢方薬は、効くのが遅いですね。西洋薬でも対症療法であって、症状を抑え込んでいるだけかもしれません。

【フレーズ集】花粉症に使える英語!ネイティブリスニングクイズも♪

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ