単身赴任の二重生活の節約方法、食事節約技って?


転勤や転居での精神負担で、仕事や家庭が予定通りいかなかったという話は多いです。

何かの本でこんな言葉がありました。「転勤3年と言われて予定していると、待ち遠しく長く感じるから、5年勤務と考えておくと良い」と。

確かに名言です。何事に対してもそうだと思いますね。

さて、単身赴任の準備は、家庭や時には親せき、親ごさんも巻き込んで大変です。

ここで今までの成功談、失敗談を知っていただいて、参考にしてもらいたいと思います。(^_-)-☆

スポンサーリンク

転勤準備:単身赴任に付いて行くべきか?

奥さんにとって、最も大きな問題は、「転勤先に付いて行った方がいいか、単身赴任で行ってもらった方がいいのか。」ということではないでしょうか?

こんな悩み事ですね。「転勤先について行こうか、単身で行ってもらうかで迷っています。2歳と1歳の子供がいて、持家で、実家は近いです。家は傷まないように実家に時々行ってもらうことは可能です。子供が小学校に入るころには、私(妻)と子供達だけは、先に家に戻ることにしようと夫婦で話し合っています。子供の幼稚園通いや、両親のデイサービス関係のことが問題です。」とのこと。

本当に、単身赴任は大きな問題です。しかし会社は収入源ですしね

原則として聞いてくださいね。ご夫婦はいつも一緒がいいです。苦しい時も楽しい時もですね。

子供さんが小さい頃は特にお父さんが一緒がいいです。

子供の成長に父性が欠けると後々修正が効かなくなるとも聞きますし。ぜひ、旦那さんの仕事の成功のためにも、奥さんと子供さんの精神的健康のためにも、経済的に苦しくならないためにもです。

旦那さんが単身赴任で体調を崩したり、変な女性関係に引っかからないためにも。

単身赴任は別な問題も起こりえます。後から義母に「夫婦だから付いて行って欲しかった。」と言われて戸惑った方もいます。

たぶん、義母様からしたら、ご主人(息子さん)の健康面、食事を自分で整えないといけない状況を心配しているのでしょうね。

よくわかります。ただ、もう世帯の違うことですし、ご夫婦での結論ですから仕方ないことですね。ご主人を蔑ろにしていないことを、何かにつけて見せてあげること、連絡を携帯でしっかり取れていれば大丈夫と思います。

転勤準備:単身赴任で余計にかかる生活費はいくら?

単身赴任の費用も、気にかかることです。

単身赴任では経済的な二重生活になりますけど、どのくらいの金額が別に必要なのでしょうか?経験者の方に聞きたいです。私どもは今年戸建て購入してあまり余裕がありません。10万円はプラスで必要だよ、と言う方もいますが、10万円は正直ギリギリです。ちなみに主人の家賃は全額会社負担ですから、そこまでかかるとは思えません。」とのことでした。

ある人が、サイトでこんな報告をしていました。プラスで掛かる費用として、

  • 食費は大体外食として、飲み代も含めて 50,000円
  • 光熱費 15,000円
  • 洗濯、クリーニング代 6,000円
  • たばこ代 15,000円

以上を合計すると、86,000円となり、余裕を見ると10万円ですか?

しかし、この金額には注釈が入ってまして、もっと減額できると書いた人はおっしゃっていました。

「旦那は無駄遣いの塊りだ。食費はこっちは家族3人で大体45,000万以下で抑えてる。光熱費は使い過ぎだ。寒いときは着て、暑いときは脱ぐ、エアコンじゃなく窓の開閉でだいたいなんとかなる。使わない電気はすぐに消す。水道も出しっぱなしはダメ。タバコはこの際やめろ!あとから病気治療代が掛かるだけだ。・・・とすると、あと4万円は節約できて、合計5万円で単身赴任生活できる筈だ。」とのお言葉です。

つまり、夫婦関係が良好なら、旦那さんも頑張って「半」自炊生活と水道光熱費節約で応えてくれるという、ことではないでしょうか?

スポンサーリンク

最後に、メニューの作り置き動画と一週間分のお弁当おかず!

旦那さんが単身赴任となると、奥さんも大変です。

「居なくてせいせいする時期」もすぐ過ぎて寂しくなります。

転勤が決まると、赴任準備の時間はすぐになくなってしまいます。

いろいろとしなければいけない事がたくさんあって、忙しくなると思いますが、そんな時こそ、子供さんも協力してもらって、頑張って下さいね。

そうそう、「転居を安く済ませるコツはありませんか?」という質問はここで記事にしていますから、読んでくださいね(^◇^)

単身赴任のお父さん宅に、一週間に一度訪問して食事を作り置きしちゃえば、夫婦仲も良くなって、単身赴任の節約生活も上手くいくこと請け合いです!

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ