一人暮らしの平均水光熱費節約はプロパンガスから!


管理人
さあ、今日は「一人暮らしの節約術」を紹介させていただきますね。けっこう一人といっても、お金は掛かるものです。なんとかして無駄な部分は削っていきましょう。オー!(^^)/

一人暮らしで一番、お金を節約できる可能性があるのは、何でしょう?

それは、水光熱費かも知れません(食費という意見もありますが)。

知り合いの、そのまた知人?に生活保護で1人暮らしされている男性がいらっしゃいます。

その人は、月間水光熱費が7,800円、携帯代金が約5,000円、インターネット回線が約4,500円とのことでしたね。

たぶん、彼はかなり節約してのことだと思いますが。

水道料金は、各自治体ごとに料金が設定されていて、安い自治体と最高額の自治体の差が12倍だという調査もありました(全国自治体水道料金比較)

それでは、参考として、一人暮らしの女性の具体的なお金の使い方、「一人暮らしのリアルな光熱費公開★ちょっとした節約方法も紹介!」ビデオを見てみましょう。

スポンサーリンク

一人暮らし水光熱費節約の主役はプロパン?

水道料金は、住所(自治体)によって固定されてしまうので、それ以外のファクターとしては、ガス代でしょうか。

電気代は自由化になりましたから、自由に安い料金を選べますよね。プロパンガスは、契約しているガス屋さんによって、値段が異なります。

決して「一律」ではないんですね。私も以前は「一定」でしょ、って思っていたのですが・・。

私の住所地区では、基本料金は1,500 ~1,600円とそれほど変わらないみたいですが、1㎥あたり単価は320~680円と、相当な開きがあるようです。

ですから、月に20㎥使うと7,000円以上の差となってしまうわけです。

プロパンガス(LPガス)は各業者さんが料金を自由に設定できる「自由化産業」なので、現在契約中のガス会社さんに値下げを頼んでも全く失礼ではないわけです。

「無料で料金減額の査定を行います」みたいな専門機関もあるようですので、ご相談してみてはいかがでしょうか?

➡ガス料金自動診断(賃貸住宅) | プロパンガス料金消費者協会

➡ガス料金自動診断(戸建の方) | プロパンガス料金消費者協会

現在のガス代金が安いか、高いかの料金診断も無料のようですね。

一人暮らし節約のコツ、これが座右の銘?

そのほかの水光熱費の節約の技も見ていきたいと思います。これも聞きかじった情報ですけど、ある人の節約術です。

  • お菓子にしても、食材、飲み物にしても必要以外には全く買わないこと。
  • コンビニの買い物は最終手段
  • 甘いものは、なるべく果物で摂取、ダイエットと虫歯予防に効果的。歯は磨きます。
  • ちょっとした小金でも貯金をこまめにする。
  • 財布には必要以外のお金は入れない
  • 自動販売機のジュース購入も最終手段。家でお茶が基本。
  • レストランは年に数回、記念日などだけ
  • 自炊が基本。家で作って食べる。
  • 洋服は安さ、丈夫さ、見た目の良さ、着やすさで選ぶ。
  • 電気をこまめに消して節電
  • 携帯のインターネットダウンロードは極力しない。データ単価が高い。
  • エコバックを持参して、レジ袋代は使わない。1円2円でも塵も積もれば山となる。
  • 100円ショップは積極活用。
  • 座右の銘「贅沢をしない、贅沢とは無駄をすること。」

私も、肝に銘じますね!

スポンサーリンク

最後に:まだまだある生活費の節約術?

そのほかの節約術もあります。

  • 水道の蛇口は勢いよく捻ってはだめ。チョロチョロで(これは多分、都市伝説!)。
  • お風呂の水をそのまま流すなんて、愚の骨頂。洗濯や水洗トイレで使える。
  • 食材を捨ててはいけない。最後まで使い切る。「捨てる部分はない」という前提で料理する。
  • 買い物は午前中でも午後でもだめ。暗くなってからの「見切り品」のみ買う
管理人
私も、あと一万円は節約できそうでした。情報提供して下さった皆様、ありがとうございました。(^◇^)

 

スポンサーリンク



☆最後までお読みいただきましてありがとうございます。
☆この記事がお役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです!

このページの先頭へ